おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事

彼女が男友達に襲われかけた。何故か俺が悪者になる事態に。。。

710: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 21:17:46 誰も投下してない? じゃぁ投下します。 俺(T)→当時20才♂ M美→彼女、当時19才♀ W→M美の友達、当時19才♂ ちょうど3年前くらいの話し。 夜10:00ぐらいにM美からメールが来た。 「Wが恋愛相談があるらしいから、今から会ってくる」 という内容。 Wという男はM美と学校が小・中・高一緒で、付き合っていると噂が時々たつくらい仲がいいらしい。 WはM美の事がずっと好きらしぃとも、M美の友達から聞いていた。 たまに気になってはいたけど、俺と付き合い始めてから M美はWや他の男友達と遊ぶのを控えていたし、 俺も実際に会った事ないからさほど気にならなかった。 でも恋愛相談って…しかもふたりきりだし。 当然心配でM美にすぐ電話した。 711: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:19:59 「…お前告られるんじゃねーの」 「なんで私がwそんなハズないやん」 「まぁいいや気をつけれよ」 みたいな会話をしたハズ。 Wが自分を好きとは全く気づいてなかった。鈍感orz 夜中の3:00ぐらいになってもM美から連絡がこない。 (帰ったよ、とかM美は必ずメールしてくる) 1:00くらいに電話したけど出なかった。 4:00頃、M美から着信。 「もしもし」と何回か言ったけど返事がない。 しばらくすると、泣き声が聞こえてきた。 びっくりして事情を聞いてみると、 どうやらM美は○○駅(俺んちの近く)の近くに一人でいるらしい。 迎えに行くから待っとけ、と言って俺は車で迎えに行った。 なんとなく感じた嫌な予感は的中していた…。

電子書籍 コミック

714: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:27:01 ○○駅の近くの駐車場の隅にM美がいた。 ここら辺は人気(ひとけ)がなく街灯もない、危ない場所。 俺をみつけた途端に、M美は泣き崩れた。 何があったか分からなかったので、宥めながらとりあえず車の中へ。 車の電気をつけたら、何があったのかすぐ分かった。 ボタンが3つとれたブラウス、髪がぼさぼさ、手首にあざができていた。 俺はすぐ強制的にヤラれたと分かって怒りがこみ上げてきたけど、まずはM美を落ち着かせるのが先だと思い、 ひとまず俺のうちへ。 泣きやんだM美に事情を聞く。 718: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:36:54 ファミレスで雑談して、車で送ってもらうときに駐車場に急に止まって告白された。 断ったら突然襲われた。 M美は必死で抵抗。 途中でWがハッと我に返りやめた。(未遂) 混乱していてM美を駐車場に置き去りにして帰った… という事だった。 警察に言おうと言ったが、M美はかたくなに拒否するので考慮して言わなかった。 泣き疲れたのか、M美はいつの間にか寝た。 でももう朝の8時くらいだったかな。 俺はM美の携帯からWに電話。 その間も怒りがおさまらない。 721: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:47:24 電話ではWはずっと謝ってくる。 「顔見て話さんとわからん。 とりあえず俺んち来い」 と言って、住所を言った。 Wは仕事だから無理とふざけた事を言っていたので、 休めと言って無理矢理来させた。 俺の電話の声でM美が起きた。 「今からW呼んだけど、一緒におれる??」と聞いたら、 「私もWと話したい」と言ったので、ふたりで待つことに。 ここからが修羅場になります。 長くてスマソ。 722: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:50:33 しばらくするとWが俺のうちに到着。 俺はWが来るなり殴りかかってしまった。 今思うと大人げない。M美がいる前で殴るなんて。 M美が俺を止めて、落ち着いてWに話しを聞く。 以下会話形式で。 W「中学からずっとM美が好きで振られる覚悟で告白しました。 それなのに振られると今までの事をいろいろ思い出して、 気がついたらM美を襲っていました。すみませんでした。」 俺「全然意味わかんね。 未遂に終わったけど襲ったのに変わりはない、それですまされると思ってんのか」 W「ずっとM美が好きだったんです…」 俺「だからなんなんだよ!! ずっと好きだったら襲ってもいいんか!!」 俺、Wの腹を蹴りWが泣きながらせき込む。 724: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:56:21 M美「わかった!!わかったからもうやめて…」 俺「…わかった、もう手は出さない。」 W「M美ごめん…ごめん…」 M美「…………」 俺「お前もう二度とM美に会うなよ。」 W「…………」 俺「返事は!!」 俺またWを蹴る… M美「もう手を出さないって言ったやん!!やめてT!!」 Wのことをかばうような態度のM美に段々腹が立ってくる。 M美「もうわかったから、W帰っていいよ」 俺(はぁ??)と内心思う。 W「もう絶対こんなことはしない、M美の事もきっぱりあきらめる。 だから、友達のままでいてほしい…」 俺「ばかじゃねぇのお前。 M美、ほっとけ」 手だしそうだったけどグッとこらえた。 M美「うん、友達なら…」 726: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 21:58:43 俺「は?M美マジで言ってんの?」 M美「私もずっとWの気持ちに気づいてあげれなかった、責任がある。 それに幼なじみなのに、もう会わないとかできない…」 W「ありがとうM美…」 あれ、俺悪者?邪魔者? 完全に二人の世界。 俺「俺が会うなって言ったらどうすんの?」 M美「ごめん、T…」 俺ぷっつん切れてしまう。 俺「あっそ。 じゃぁキチガイ同士なかよくやれば」 と言って、止めるM美を振り払ってうちを出た。 俺はM美がWをかばった事が悲しかった。 727: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 21:59:01 >M美「うん、友達なら…」 (  Д ) ゜ ゜ 728: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 22:00:33 外に出て冷静になって考えると、 M美を襲ったやつと同じ部屋に置き去りにしたわけだ。 それにこの件で一番傷ついてるのはM美のハズだし… しかも俺のうちなのにorz また襲われてはないかと不安で、急いで戻った。 うちに戻るとM美しかいなかった。Wは帰ったそうだ。 まず俺はおいて行った事と、カッとなりすぎた事をあやまる。 M美もあやまる。 M美とWはというと、 M美はやっぱりWの事が怖くてまともに話せなくなり、 結局疎遠になりました。 729: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:00:44 M美の頭の中はお花畑か(  Д )     ゜ ゜ 730: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:03:00 M美に驚いた。 732: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 22:04:21 以上です。 長いし文章まとまってなくてスマソ。 会話の部分は多少違うけど、 今でも鮮明に覚えているのであんな感じ。 ちなみに今、M美は俺の妻です。 733: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:05:46 乙。 って、えぇー びっくり展開ktkr 734: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:06:24 >>732 乙でした M美の危機感の無さはその後、改善された? 737: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 22:13:29 俺もM美の「友達ならいい」発言は バカかこいつと思ったけどね。 >>734 どうかな、わからない。 でもとりあえず今は幸せだ。 739: 710 ◆2kk7VChylw 2006/11/02(木) 22:17:05 長文読んでくれてありがとう。 名無しに戻ります。ノシ 740: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:18:26 >>737 乙です。 また凄いお花畑のひとと結婚しちゃったんだねえ。 幸あれ。

おすすめ記事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ