カテゴリ:


501: 恋人は名無しさん 2010/03/28(日) 02:17:44 ID:nMx4PIOq0



巻き込まれ修羅場だけど…



A男…押しに弱い。乙メン?

B子…A男の彼女。我が強い。

C子…A男の後輩。美人。

私子…A男・B子と友達。



みんな同じ大学の学生です。

周りもうらやむ(むしろ引く?)くらいラブラブだったA男とB子。

B子は実家住まいなんだけど、その実家がいろいろ揉めてて、バイト掛け持ち、学費も自分で出すくらい苦労してた。

A男はやや乙メンというか、恋に恋するところあり。一人暮らし、実家は裕福でバイト経験なし。



実家が大学から遠いB子は、A男の家に泊まることもしばしばで、半同棲状態。

朝から手繋いで登校してきたり、キスマークついてたり、

引くことも多々あったけど、おしどりカポーなんて言われてた。

B子が我が強い仕切り屋さん(姉御)タイプで、A男は「そんなワガママも聞いてやれる俺」に満足してる様子。

私はA男・B子両方と友達だったので、相談にのったり、のろけ話きかされたりしてた。



そんなある冬の日、夜中のメール。

B子「A男、知らないよね?」

私子「? 知らないよ。どうかした?」

B子「見てない、よね?実は一昨日から(マンションに)帰ってこない」






502: 501 2010/03/28(日) 02:19:26 ID:nMx4PIOq0

電子書籍 コミック





一昨日は、12月24日。

バイト終わってA男のマンションに行ったB子。A男は留守。

サークルでも行ってるのかと料理とケーキ準備してたら、A男から「後輩の相談に乗ってる、遅くなる」と連絡があったらしい。

それっきり、日付変わっても帰ってこない。連絡もつかない。

B子はイライラしてA男に追撃メールして、そのうち心配になってきて。



A男にメールしても音沙汰無しで26日になって(まだ夜中)、私にメールしてきたらしい。

その直後、またB子からメール。

B子「ごめん、A男の居場所わかった。C子のとこにいるって。C子の家知ってる?」

私子「大丈夫? ごめん、C子の家は知らない」

…本当は知ってたけど、キレたB子が何するか分からなくて怖かったんだ。

その後のことはB子やC子から聞いた話。



26日朝、A男帰宅。

問い詰めるB子。

A男「別れてほしい」

B子「C子と付き合う気?」

A男「…あの子にはいま、支えが必要なんだ。俺が守ってやらないと」

B子「騙されてるんじゃないの?!私はどうなるの?」

A男「ひどい事言うな。自分のことばっかりだなお前」

B子「…!!(゜д゜#)」



さすが乙メンA男というか、もうなんか「俺がC子のヒーローだ、王子さまだ」状態。




503: 501 2010/03/28(日) 02:21:40 ID:nMx4PIOq0



結局ちゃんと話しあうこともなく、着替えだけ持ってA男は家を出る。

B子、C子の家を探しまくる。 普段は冷静でオカンタイプな子なんだけどね…。

共通の友人も多いから、ほどなく突き止めたみたい。



26日夜中、B子はC子宅(一人暮らし)に突撃。

ドアに近寄った時点で、中からそういう声漏れてたらしい。チャイム鳴らしまくるB子。

無反応。さらにチャイム鳴らして、ドンドン叩くB子。

ドアチェーンかけた状態で開くドア。出たのはスウェットジャージのA男。



B子「何してんのよ!!開けて!」

A男「お前こそ何してんの。もう別れたのに…帰れよ」

B子「私は別れるの承諾してない!!」



そんなんしてると、裸にシーツを巻きつけただけのC子登場。

C子「A男先輩~どうしたんですか?わっ、B子先輩!」←いかにも今気づきましたな感じ。

A男「いいから、C子は部屋で待ってて」

B子「ちょっと!私らが付き合ってるの、C子も知ってたでしょ?!」

C子「えぇー?でももう別れたんですよね?」

A男「うん」

B子「別れてない!ここ開けて!!」

C子「やーん、怖いですぅー。A男先輩、チェーン外しちゃヤですよ」

A男「心配しないで、俺がなんとかする」

B子「ちょっと!!!」



結局、警察呼ぶまで言われてB子は帰ったらしい。

普段、B子は醒めてるというか、冷静で常識ある子なんだ。

C子も美人で苦労してそうだけど、上手くやってるし先輩も立てる、普通の子だと思ってた。

恋って人が変わるというか、感情むき出しになるんだね…

C子、B子の声ってすぐ分かってたんだろうに。

だからチェーンかけさせて、シーツ巻いただけ、なんて格好で出てきたんじゃないかと

…ゲスパーだけどね。


504: 501 2010/03/28(日) 02:25:07 ID:nMx4PIOq0



A男のマンションに帰って来たB子は、ペアマグや皿を床に投げつけ、歯ブラシを折り、自分の荷物まとめて実家へ。

(部屋荒らしたり物壊したらアウトだよね…?)



しばらく私には、B子からの愚痴や鬱メール・電話がきてたよ。

A男は2ヶ月くらい前からC子に気持ちが傾いてて、B子とは別れるつもりだったらしい。

冬に試験があったんで、それが終わったらスッパリ切ろうと。

その間もずっとB子とやることやってたみたいだが。

クリスマスイヴの夜に、まだちゃんと別れ話もしないまま、C子の家にお泊り。

バイト上がりでケーキと料理準備して待ってたB子…。



年が明けて、授業が始まるとA男・B子が顔を合わせる機会もある。

無視するA男。また腹がたって、A男の家、C子の家に突撃するB子。

そんななか、B子が妊娠してると言いだした。

病院行ったのか聞いても、とにかく「どうしよう、A男の子だ」と混乱(興奮?)した様子。

A男にも言って、とにかくC子交えて話し合うことに。

そこでも、C子は「B子先輩怖いー(;ω;)」連発。A男は「俺が守ってやらなきゃ」連発。

B子はひとりでも生きていけるじゃん?とか言ってたらしい。



それから、A男とC子が付き合うようになり、B子は躁鬱状態で「復習どうしよっかな♪」とか言い出す。

で、B子はしばらくして大学来なくなった。退学したとか。

C子は結局、A男よりさらにイケメンな先輩と付き合うから、とA男を振った。



505: 501 2010/03/28(日) 02:26:44 ID:nMx4PIOq0



今度はA男が躁鬱に。

ゲッソリ痩せて、深夜徘徊とかしだした。で、夜中にメール。

A男「今、自転車で街中走ってる。私子の家の近く行く。家に入れて」

私子「ごめん、散らかってるし、彼氏来てるから(大嘘)無理」

A男「今、マンションの下に着いた」

私子「ごめん、本当に入れてあげられない」

A男「今、部屋のドアの前にいる」

私子「本当にごめん、無理な【ピンポーン】

とかね。ガクブルだったよ。

しばらく断り続けてたら、私は諦めて他の友人宅行ったみたいだけど。



A男は「B子もC子もどっちも好き。諦められない」と言ってたらしいんだが、

そもそもC子には振られたんだし、B子に謝って復縁迫って断られたらしい。



後から聞いた話、B子、流産してたらしい。狂言妊娠・流産かもしれんが…。

もとから学費滞納がちだったけど、その入院費用でついに払えなくなって、大学除籍。

除籍って、学歴に残らないんだってね。高卒になっちゃったわけだ。

もとから我というかプライド高いB子も愛想つかしたのか、冷静になって眼が覚めたのか…。



A男は授業にも来なくなり留年。実家に強制送還。

B子は元彼とヨリ戻して、その彼の就職についていって上京。いまは働いてる。

C子は結局イケメン先輩とも別れて、新彼氏とラブラブ。

私子は就職。上記3名とも疎遠に。



書いたらたいしたことなかったかも。

でも読んでくれてありがとう、スッキリした。



506: 恋人は名無しさん 2010/03/28(日) 02:31:04 ID:usimBo2x0



>>501

乙。C子の1人勝ちか


507: 恋人は名無しさん 2010/03/28(日) 02:49:00 ID:kaLjM9eT0



いや、全ての修羅場を逃げ切った>>501も勝ち組さ。

510: 恋人は名無しさん 2010/03/28(日) 09:32:02 ID:SWJz74h60



>>505

高卒を見下してるくだりで

高卒の俺は少し落ち込んだ。


512: 恋人は名無しさん 2010/03/28(日) 10:56:39 ID:Ysi0x8LO0



>>510

自分も高卒だけど見下してるとは思わなかったよ

「あれだけ頑張って働いて大学通ってたのに…」っていう意味じゃないのかな?

>>505

お疲れ様!あなたにも幸せが訪れますように


引用元: ・◇修羅場◇part94






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×