カテゴリ:
41:名無しさん@おーぷん2015/06/05(金)10:38:44 ID:tlN



流れ気にせず小話失礼します



高校入学してすぐAとBという友達が出来た

学校では三人でいたが、Bだけ帰宅方向が違うため、Aと私二人で帰ることが多かった

2年になったあたりから、帰宅中の会話でなぜかAはBの悪口ばかり言うようになっていった

「魚顔でキモいw自分では可愛いとか思ってんだよきっとw鏡見ろよw」

「彼氏もキモいwwあんなのと付き合うとか犯罪ww」

「服もダサいし、一緒にいるの恥ずかしいw


馬鹿すぎてテストの点聞いた時引いたわw」

などなど…

とても楽しそうにするBに引いたけれども、その時の私は、そっかー、ふーん、そう思ったことないなー、という感じで相槌を打ってた

面白くなかったのか、Aの悪口話はすくなくなっていった。

二年半ばのある日、いきなりA、Bに無視されるようになった

訳も分からず、何かした?と2人に聞くが、二人とも無視。

耐えきれなくなり、Bを下駄箱で呼び止めた

嫌われたのはわかったから、なぜ嫌いになったのかを教えて欲しい

Bは理由を教えてくれた。その内容がひどかった。

Aが言っていたBへの悪口が、すべて私発信ということになっていた

しかも、何度もAは止めたのに私がずっと言い続けてくる…と。

混乱しながらも、私はそんなこと言ってないよ。と弁解していると、Aが通りかかった。

B「ねぇ、私ちゃんが悪口言ってないっていうんだけど、言ってたんだよね?」

A「んー?わっかんなーい嘘ついてんじゃん?陰口言うような卑怯者だしwってか私ちゃん泣いてる?マジウケるwカワイソー!この子カワイソー!!友達いないんだろねw同情するわー、」

やたらはしゃぐA、イマイチよくわからない…という様子のB

私は、とにかく悪口は言ってないけど、そう言ってそうと思われる様な態度をとってたんだとしたらごめん。でも言ってないから。Bとは友達でいたい。と泣きながら言った

Aはさらに喜んだ様子で

「ちょwほんとヤバw友達なってあげようかwwみじめだから!カワイソーww」

とかいいながらBの手を引いて帰っていった。

その後1年ほどかけてBとはやんわり和解

普通のクラスメイトになった

それをみたAがなぜかまた擦り寄ってきて気持ち悪かった。

一緒に帰ろうよーといいながら横を歩いてついてきて、

「久々に一緒にかえるねー懐かしいー」

と言ってきたので、

「誰のせいでしたっけね。」

といったらぷりぷり怒ってどっかいった。

くだらなく見えるかも知れないけれど、ほんの一日前まで普通に友達してたと思った人間が化け物に見えるようになって修羅場でした。

そんでAとBは10年経った今も仲良し。

本当はあの悪口全部Aが言ってたんだよ、とは言わないでおいたのがささやかな復讐

一生仮面友達してろバカども。



引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その11】








コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ

見出し画像
×