おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事

実の妹に旦那を奪われて慰謝料取って絶縁。遠方で再婚したんだが、妹と元旦那に家族皆殺されかけた。。。

91: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)15:51:17 ID:P8Ap3vX0s 報道されたのでフェイクが盛り沢山ですがお許しください 私が二十代の頃に実の妹に旦那を寝取られたことがある もちろん慰謝料を双方からぶんどって離婚 昔から妹を可愛がって私をsageまくった両親は妹の味方だったよ 私は両親妹と縁を切って遠方へ逃亡 その地で別の男性と再婚して子供が産まれた 子供が中学生になったぐらいに、再婚相手が救急車に運ばれたと連絡があった 再婚相手は何者かに刺され重傷とのこと 私は発狂しながら病院にかけつけ、再婚相手の無事を祈った 再婚相手は一命を取り留め、私とファザコン気味の子供は安心して泣きまくり 再婚相手の回復後はもちろん警察が入り事情聴取だ 再婚相手は「小柄な女に刺された」と証言 これだけではなんとも・・・な感じな刑事さんたちだったが、必ず捕まえると約束してくださいました 94: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)15:59:52 ID:P8Ap3vX0s そんな事情聴取があったその日に子供が後ろから鈍器で殴られ重傷を負った 子供を襲った犯人は殴ったあと逃走を図ったが呆気なくつかまった 逃げきれず同級生の男の子数人に捕まっちゃった 子供を襲った犯人は妹の娘(高1、以後姪)だった 姪はお母さんとお父さんがやれと言ったと証言 ちなみに姪の父親は元旦那です。籍は入れてないけど内縁の夫らしい 妹と元旦那は私が大金持ちと結婚したと私の友人から聞いたらしい

電子書籍 コミック

95: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)16:05:15 ID:P8Ap3vX0s 私の旦那を殺せば財産は全て私のもの。でも子供がいたらその子が相続するんじゃないか?旦那もろとも消しちゃお! そんで大金を手にした私と元旦那を再婚させてお金get!という計画をしていたと姪がゲロった この証言により旦那を刺した犯人も姪だと特定され姪は少年院行きになった 96: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)16:06:02 ID:nIKZZrq7G >>91 怖ー… で、旦那さん刺した犯人って姪? 97: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)16:06:38 ID:nIKZZrq7G あ、姪だったのね 98: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)16:25:47 ID:P8Ap3vX0s 妹と元旦那は殺人示唆で6年塀の中 縁を切って行方を眩ませたはずなに興信所を使われ私の居場所が見つかってしまっていた 再婚相手も子供も命に別条は無かったが再婚相手の両親が私と再婚相手の婚姻継続を反対し始め 私と離婚しなければ縁を切ると言われた再婚相手は私と子供を置いて離婚届けにサインを押して去っていってしまった 縁を切った人に簡単に情報を漏らす友人、基地妹&元旦那と繋がりがある私と関係を継続するのは願い下げだと言われた 子供はその一連の事件のせいで虐められ登校拒否 転校を考えていたところで子供は手首切って死んだ 私はどこまでも私を不幸に追い詰める妹&元旦那をこれでもかってぐらい恨んで出所した妹&元旦那を刺してしまった。死ななかったけどね 情状酌量もあったがしっかりと警察のお世話になって昨年出てきました 今は再婚相手だった人が「子供が自殺、君が殺人未遂をしたおかげで俺がどれだけ辛い思いをしてるか知ってるか」という恨みたっぷりに手紙がきてる ちなみに再婚相手は別に金持ちじゃない なぜ友人がそんな情報を流したのかというと 私にロミオっていた(私には届いていませんが)元旦那を諦めさせる為に言ったんだと その後元旦那と妹がありもしない財産を狙ってたのも知っていた筈なのに訂正を一切しなかった もう私は疲れはててこの友人に制裁する余力は残ってない さっさといなくなりたい 99: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)16:48:12 ID:3JANIdGao これはいろんな角度から酷い 100: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)16:50:33 ID:mH2NuUOPw >>98 乙でした 再婚相手には子供が自殺したのもあなたが殺人未遂をしたのもお前が家族を守らずにケツまくったからだと言ってやりたい 106: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)21:49:57 ID:EHPmjMF1F 救いのない話だわ せめて子供だけでも無事なら良かったのだが…

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その6】


おすすめ記事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ