おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事

余命宣告された同僚の切ない恋心を叩きのめした卑劣な男の話し。

30:名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/2014/09/21(日)14:01:37 ID:sxEQGNcxR



A・・・余命残り僅かの26歳男性

B・・・Aの友人。同じく26歳男性

C・・・Aの想い人。25歳女性



Aはとある難病にかかってしまい、一年も生きられるかわからない状態になった。Aはイケメンな上に人望が厚く、やさしい。

AやCはもちろん、会社の同僚や上司もたくさんお見舞いにきた。


30: 名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/ 2014/09/21(日)14:01:37 ID:sxEQGNcxR



AはずーっとCが好きだったが、究極のヘタレだった為に告白できずにいた。余命が宣告された時点では誰も知らなかった。

ある日、Cが仕事関係で海外に行かなければならなくなり、滅多にお見舞いにこれない状態になった。もう自分が永くないのと、なかなか会えなくなった悲しさから気持ちだけでも伝えようと手紙を書いた。

当時、Aが入院していた病院は手紙を出してくれる事はしなかった為、Bに頼んだのだが・・・




31: 名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/ 2014/09/21(日)14:08:02 ID:sxEQGNcxR



Bは一切Cに手紙を届けなかった。

本人には届けたと伝えていた。でも手紙はBが全て破棄。

代わりにCに届いていたのは、BがAを装った罵詈雑言の手紙。逆にAに届いたのはCを装った「もうすぐタヒぬ人なんてカス」といった手紙。

Aは物凄くショックを受けたらしい。

それが原因かはわからないが、Aは一年どころか半年で逝ってしまった。

その後、BとCは結婚。BもずっとCに思いを寄せていたらしい。




32: 名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/ 2014/09/21(日)14:14:59 ID:sxEQGNcxR



CはAの葬儀中、ずっとAに対して「私の事が嫌いだったんだ」と泣いていた。Bが「大丈夫。俺が支えるよ」といった感じで交際→結婚。

Bの狡猾さに開いた口が塞がらなかった。



なぜ私がここまで知っているかというと、私はCの姉だから。

酒の席で酔ったBが、私と二人きりのときに全部暴露してした。Bは暴露した事を完全に忘れ、しれっとCと夫婦やってる。

これ、C夫婦が離婚すること覚悟でCにバラしてやるつもり。

この話が嘘だとしても、あまりにタチが悪すぎる上に、Aという人物がこんな話に使われた事が不憫で仕方がない。




33: 名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/ 2014/09/21(日)14:26:51 ID:vVcEtwz0o



>>31

後味悪い話スレに書かれててもいいレベル

こう言っちゃ悪いが、遅かれ早かれタヒぬ事が確実に宣言されてるAなんだから手紙渡しても良かったんじゃ?

亡くなって傷心の所を落とせば悪者にならず、且つ彼女も手に入れられて丸く収まってたのに…まぁタラレバ論だけどさw

Aの恨みが炸裂して不幸になりそうで嫌だわ…




34: 名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/ 2014/09/21(日)16:33:14 ID:8DJmibZIS



CはAに好意があったのか

それをBが知って焦り生き別れの純愛を叩き潰したというところか

俺も新入社員当時3年ほど付き合ってた彼女がいた

当然結婚も考えてたしそろそろ婚約する予定だったが親しい同期の男2,3人にしか言ってなかった

その後同期入社の男女10人くらいで

飲む機会がありその時に女数人から「○○君は○○に彼女いるらしいね」と言われ唖然としたが別に浮気しようとは全く考えてなかったしあっさり認めた

その後同期の女子からは当然人気がなくなった

だが俺は彼女一筋であったため全く動じない 相変わらず同期の男同士で遊ぶ方が気楽で楽しかったし彼女がいても飲みに誘ってくれる女子社員も減りはしたがゼロではなかった

その後3年ほどして結婚し披露宴でのこと

招待した同期の男Aがスピーチで俺の彼女持ち情報を流した事を暴露し始めた

なんか上から目線で自分が俺を女社員から守ってやった! 親婦は感謝しろ!みたいな事を堂々と言い放ち他の同期からひんしゅくかっていた



その2年後そいつは同期の女子と結婚した

その後同期男で飲みに行った時Aが「全国の同期男の中でお前が人気ベスト3入ってると女子社員に聞いたから先手を打っておいた」と言われ納得した

俺はもう転職しているがこういう奴がしぶとく会社では生き残っていくのかも知れないと今では思う

おすすめ記事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ